少しでもスピーディーに行ってくれる冊子印刷業者の選び方

サイトマップ

printing

冊子印刷をして業績を積む

冊子印刷は宣伝や表現の分野、学術分野の方にぜひ知ってほしい存在です。特に、まだその分野でそれほど業績を上げていない人が自分の能力を見せ、あるいは研鑽を積むためにちょうどいい存在です。小説家や漫画家を目指している人にとって、自分の作品を読んであるいは観てもらって評価されることは極めて重要です。
また、学術分野においても就職や転職の採用試験や入試において、主要な自著の論文の抜刷を参考資料として提出するように求められます。こういったそれぞれの分野における要請に応えられるのが、冊子印刷です。冊子はページ数に制限があります。そのため、それほど沢山の内容をこと細かに載せることはできません。漫画家や小説家であれば、冊子を作る段階で、話の構成を吟味し、そのページ数に収まるように作らなければなりません。ページ数が多くなると冊子とは言えなくなる上に、費用が高くなります。
また、配布する際にかさばる等の問題も生じます。論文の抜刷については、そもそも学会誌の投稿規定でページ数やカラーかモノクロかが定められていることがほとんどなので、投稿原稿をそのまま冊子印刷業者に渡せば、ほとんどの場合は問題ありません。いきなり単行本で自費出版は難易度が高すぎますが、能力のある人は冊子を作って業績を積めばいずれ評価されるでしょう。