少しでもスピーディーに行ってくれる冊子印刷業者の選び方

サイトマップ

printing

冊子印刷ネットからならこんなに安心

冊子や本を作ろうとしても持っているデータで実際に出来上がるのか?不安ですよね。しかし今や冊子印刷専門の業者があるほどで、私たちユーザーのあらゆる不安を安心に変えてくれるサービスがたくさんあります。とある印刷製本20年の実績あふれる業者の場合、入稿データチェックを行い申し込み前にデータを確認出来るというサービスもありますし、試験印刷で事前に仕上がりさえもチェック出来ます。
また、素人には難しい表紙の背文字作成についても無料で製作してくれるほか、ページ番号が付いていなくても入稿データからページ番号を付けてくれるというシステムも備えているのです。価格も以前では考えられないほど手軽なものとなっておりますが、その秘密は独自の生産ラインを持っているということ。業者によりますが、中には工場直営というケースもあり納期も早い場合は1日で発送可能です。
データの入稿方法はオンラインで簡単にアップロードするだけですので手間がかからず、あとはベテランのスタッフさんがしっかりと対応し、不備があった場合にもすぐに連絡が来て再入稿することが出来ます。つまり仕上がりが悪かったと嘆くこともなくベストな冊子印刷を行ってくれるのです。これから冊子にしてみようかなという場合は、ネットからの冊子印刷で間違いないですね。

冊子印刷はスピードで選ぶ

冊子印刷になりますが、こちらに関しましては、業者選びをする際にやはりスピードで選ぶことが重要となってきます。冊子印刷となりますと、量も多くなってきますし、ページ数につきましても非常に多くなってくる場合が多いのです。そんなこともあり、冊子印刷を業者に依頼する際には、やはりスピード感が重要となってきます。スピードで選ぶことによって、自分が思っている納期に対応してくれる場合が多くなってきます。また、スピードが遅くなってしまいますと、品質にも問題がある時もありますし、スピードによって料金が変わることもありませんので、やはりスピードを持っている企業に冊子印刷を依頼することが重要となってきます。
また、企業を選ぶ際に関しましては、インターネットで検索をし平均でどのくらいの納期でやっていただけるか確認をしておく必要もあります。冊子印刷を依頼する際に、納期についてもきちんと確認をし、自分が持っている納期に対応していただけるのかしっかりと確認をした上で冊子印刷の依頼をしていくのが重要となってきます。こちらに関しましては、依頼時に納期を提示しても多少遅れる場合がありますのでその辺につきましては十分に注意する必要が出てきます。

学術研究をするならなじみの冊子印刷業者を

学術研究をしていると、冊子印刷や製本利用しようかと思う機会、或は、利用しないといけない機会があります。博士論文は多くの大学で博士号を授与したあと、一定期間内に出版することが求められます。出版すると言っても、単行本として出版することはほとんどなく、行政機関等が発行しているような報告書などと同じ様な形態で出版することが多いです。これがおそらく最初の利用になります。博士論文は一部分野を除き、ページ数が非常に多いので厳密には冊子にはあたりませんが、製本業者は一緒に冊子印刷をしていることも多いので、最初の冊子印刷業者の利用となります。
学術研究をしていると、学会誌に論文を投稿することが最も重要なことです。それが仕事の成果に相当します。これまで多くの学会誌で論文を採択された場合には、執筆者に抜刷を何十部か贈呈していました。しかし、ネットでの公開が行われるようになった現代では、抜刷の提供を取り止める学会が相次いでいます。そのため、どうしても抜刷が欲しい場合は、自分で作るしかありません。そう言った場合に冊子印刷業者が本当に便利です。また、シンポジウムの式次第や予稿集、研究成果を示すための資料にも冊子は有効です。

冊子印刷での業者選びのポイント

冊子印刷は用途に応じて適切に冊子印刷の業者選びを行いたいものです。モノクロがメインでカラーの色調はそれほど気にしないという場合には、格安のネットプリントが向いています。もちろん仕上がりそのものは良いのですが、希望するような色調ではなかったり、原稿とは異なる色調になったりすることがあります。けれども細かなデータ修正を行わないことでコストを削減しているので、会報や会議の資料など早急に必要となる冊子印刷を頼むならばベストです。 注文部数が少なくても、オンデマンド印刷を行うことで単価はさらに安くなります。一方で、製品カタログやパンフレットのようにカラー画像の色調にはこだわりたいという場合には、しっかりと色校正を行う業者が必要になります。印刷会社のDTP技術が高いところであれば、再現性の難しい色合いでもしっかりと合わせてきます。 もちろん、何度か色校正を行えば料金も加算されますし、納品も遅くなります。その点を踏まえて注文をする必要があります。基本的に注文部数が少なければオンデマンドで、大量に発注する場合にはオフセットで頼むことになります。それぞれに仕上がりの特徴が異なるので、求めるイメージに合うのはどちらかを考えて注文することが大切です。